機械に搭載 | 進化してきた産業機器や器具|スゴーイデスネー技術の根幹

進化してきた産業機器や器具|スゴーイデスネー技術の根幹

機械に搭載

ロードセルの仕組みについて

加えた力を正確に計測する仕組みがあります。ロードセルと呼ばれており機械によく搭載されます。機械によく用いられる理由は、正確な力を測る必要があるのがマシンばかりだからです。機械は一定の動作を繰り返す事で、余計な手間を省く事に成功しています。その時にどの程度の力を加えているか知らなければ製造を進める事ができません。 ロードセルは物体が長くなると、抵抗値が上昇する特性を応用しています。荷重を加えた場合に物体にひずみが生じますが、言い換えればそれは形が変わるという事です。形が変わった事によって抵抗が上昇しますが、最初に算出した抵抗値と比較する事で上がった数が判明します。それがロードセルの基本的な仕組みです。

計測する仕組みを導入するメリット

機械が生み出せる力を正確に測れるようになると、仕事で応用できる範囲が広がります。例えば一定の力を物体に加えて変形させる事は、工場の生産ラインで行われていますが、機械を構成する部品が多少摩耗しても影響ありません。それは物体に加えられる力を計測するロードセルが導入されているからです。仮に同じ動作を繰り返すだけの機械だと、僅かな変化が製品本体に発生するだけで作業が進まなくなります。 仕事において正確性は何よりも重視されます。それは人間と機械の双方に言える事です。力の加減が重要な仕事は人間の得意分野ですが、機械も同レベルの仕事を要求されます。販売される商材がどのような工程を巡って完成するか、ユーザーは興味を持たないからです。

Copyright (c) 2015 進化してきた産業機器や器具|スゴーイデスネー技術の根幹 all reserved.