測定をする | 進化してきた産業機器や器具|スゴーイデスネー技術の根幹

進化してきた産業機器や器具|スゴーイデスネー技術の根幹

測定をする

デジタル式スペクトラムアナライザでの高周波特性の観測

スペクトラムアナライザとは、電気信号がもっている周波数特性をリアルタイムに測定することができる計測機器です。 電気信号の電圧変化を観察するには、オシロスコープの方が適していますが、電気信号が持っている固有特性を観察するには周波数特性を観察することで細かい特長を観測することができます。 特に、デジタル信号処理方式によるスペクトラムアナライザの場合、周波数特性によって測定信号の特性を観測する際にサンプリング周波数が低いと、高周波の信号特性を観測する事ができません。そのため高周波帯域の周波数特性を観測する場合には、サンプリング周波数の高いデジタル方式のスペクトラムアナライザを利用する事が必須になります。

フィジカルな要素に注目しながら観測を進める

スペクトラムアナライザを用いて信号特性を観測する場合、微小信号がノイズとして計測信号に混入してしまうと、正しい計測を行う事ができなくなります。 他の計測装置によって計測作業を行う場合と同様に、スペクトラムアナライザを用いた電気特性の観測、測定には、計測業務の実施経験があるエンジニアの指導をうけながら測定をすすめることをおすすめします。 計測作業を、ソフトウェア技術者が中心になって行なうと、論理的な背景を元にして計測を行ないますので、物質的な特性による影響等を加味せずに計測してしまうケースが多いです。ソフトウェアとしては万全なプログラムでも、実際に回路を動作させると電気回路の物質的な特性変化によって誤動作するケースも多々あります。 このようなケースでは経験豊富な技術者が計測したほうが問題の発見を的確に掌握する事ができます。従って、電気回路の計測に関してはロジカルよりもフィジカルに観測や計測をすすめていく方法を取る事が大切です。

Copyright (c) 2015 進化してきた産業機器や器具|スゴーイデスネー技術の根幹 all reserved.